概要

宇宙地球環境研究所では、地球表層から宇宙空間に至る極めて広い領域での自然現象を対象としていますので、それぞれの領域や現象に最適化された計測による実証的かつ先端的な研究が求められています。
特に、航空機・気球・観測ロケット・人工衛星などの飛翔体による観測は、産学官の連携による技術開発が目覚ましく、世界的にも著しく発展している分野です。

飛翔体観測推進センターでは、宇宙太陽地球システムという包括的視点に基づく領域横断的な共同利用・共同研究拠点の機能を最大限に活用し、研究所・センターがこれまで整備してきた地上観測網に加え、飛翔体による計測が必須となる対象・領域において、新たに展開されるべき新機軸の観測計画を策定・実施するとともに、その遂行に必要な技術開発を推進します。飛翔体観測推進センターでは、日本の航空機観測の中核的役割を果たし、他機関と連携して航空機による地球表層圏の水・物質循環の直接および遠隔観測を推進します。また、宇宙と地球の間に生起する物理現象に関する新しい知見をもたらすべく、観測ロケットや探査機・人工衛星による宇宙空間での観測計画を国内外の機関と協同しながら検討・推進します。同時に、次世代の飛翔体搭載機器に必要な計測技術と開発環境の効率的な集約・共通化を行い、分野融合的な活動を展開することで、これからの飛翔体観測に求められる計測技術の発展に寄与します。これにより、国内外の研究者・技術者とともに、密接に関連する分野における観測的・技術的研究に貢献し、地上観測・モデリングと協同することで分野全体の発展をもたらす飛翔体観測計画の策定・実施を牽引します。また、地球水循環観測推進室を飛翔体観測推進センターに設置し、地球表層の水循環研究における航空機・気球観測の推進や衛星観測研究へ貢献を目指して、降水レーダ(X帯2台)・雲レーダ(Ka帯1台)等による観測やモデル研究を行っております。

地球表層の水循環研究における航空機・気球観測の推進および衛星観測研究への貢献と国内4大学連携によるバーチャルラボラトリー(VL)活動の推進のため地球水循環観測推進室を設置。2018年に宇宙開発利用推進室を設置し、名古屋大学における宇宙開発・観測のための機器開発から観測的研究の推進と若手人材育成を行っています。航空機観測推進室を設け、国内外の研究者との連携を強化します。

飛翔体観測推進センター

最新情報

第12回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年11月1日
タイトル
航空機搭載型ライダーによる乱気流計測と動揺低減技術
講演者
菊池亮太
JAXA

第11回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年9月27日
タイトル
ヘリコプターを利用した上空大気観測 ー過酸化水素およびホルムアルデヒド濃度の測定を中心にー
講演者
渡辺幸一
富山県立大

第10回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年7月26日
タイトル
定期航空便を用いた都市・植生の分光観測
講演者
久世暁彦
JAXA

民間における宇宙利用 第7回基礎コース

「民間における宇宙利用」第7回基礎コース パンフレット

第7回基礎コースを実施。

第9回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年6月28日
タイトル
UARMSおよびQTWのご紹介および機体から地上局への気象情報統合・自動飛行計画技術
講演者
河野敬・村岡浩治
JAXA

第8回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年5月31日
タイトル
NICTにおける航空機搭載合成開口レーダーの開発について
講演者
児島正一郎
NICT

第7回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年4月26日
タイトル
エアロゾル・雲・降水研究における航空機観測の役割(再考)
講演者
村上正隆
名古屋大学 宇宙地球環境研究所

第6回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年3月22日
タイトル
航空機を用いた台風の観測
講演者
山田広幸
琉球大学

第15回 VL講習会

オンライン講演を行いました。

日時
2022年3月15日-16日
タイトル
航空機観測(ドロップゾンデ)データの解析
主幹
名古屋大学
資料

民間における宇宙利用 第4回上級コース

「民間における宇宙利用」第4回上級コース パンフレット

第4回上級コースを実施。

第5回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年2月22日
タイトル
ダイアモンドエアサービス運航事業のご紹介
講演者
天廣慎一
ダイアモンドエアサービス

第4回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2022年1月25日
タイトル
民間航空機を利用した大気中温室効果ガスのグローバル観測
講演者
町田敏暢
国立環境研究所

飛翔体観測推進センター

実績

第3回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2021年12月21日
タイトル
航空機によるエアロゾル観測
講演者
小池真
東京大学大学院理学系研究科

第2回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2021年11月30日
タイトル
マスタープラン2020とその後の活動について
講演者
高橋暢宏
名古屋大学 宇宙地球環境研究所

第1回航空機セミナー

オンライン講演を行いました。

日時
2021年10月26日
タイトル
2021年台風16号の航空機観測
講演者
坪木和久
名古屋大学 宇宙地球環境研究所

台風16号(MINDULLE)の観測

当センター所属の坪木和久教授が台風16号(MINDULLE)の眼の中に航空機で突入し、ドロップゾンデによる直接観測に成功しました。

TV出演(坪木教授)

台風のイメージ

NHK サイエンスZERO「被害ゼロを目指せ! 台風予測の最前線」に坪木和久教授が出演。【放送予定日】2021年9月19日(日)午後23時30分~ (2020年11月29日放送分のアンコール放送)

航空機観測推進室の新設

台風のイメージ

航空機観測推進室を設け、国内外の研究者との連携を強化します。

民間における宇宙利用 第6回基礎コース

「民間における宇宙利用」第6回基礎コース パンフレット

第6回基礎コースを実施。

「航空機観測による気候・地球システム科学研究の推進」パンフレット(仮)作成

「航空機観測による気候・地球システム科学研究の推進」パンフレット(仮)

日本学術会議 大型研究マスタープラン2020 重点課題のパンフレット(仮)がまとまりました。

台風第24号(Trami)の観測

台風第24号(Trami)の観測

台風第24号(Trami)の眼の中に航空機で突入し、ドロップゾンデによる直接観測に成功しました。 2018年9月25日~28日

研究集会(共同利用・共同研究)開催

研究集会(共同利用・共同研究)「小型飛翔体による海象観測(その3)-海洋科学は小型衛星のパートナーをどう選ぶか-Ocean observations from small flying objects; how to find/choose suppliers of small satellites for ocean」を開催。 2018年9月7-8日 名古屋大学研究所共同館Ⅰ 3階講義室

プレスリリース

Card image

「2017年台風第21号の航空機観測を用いた強度解析と予測実験」の結果について。

研究集会(共同利用・共同研究)開催

研究集会(共同利用・共同研究)「台風セミナー2017」を開催。 2018年3月23-24日 名古屋大学研究所共同館Ⅰ 3階講義室、研究所共同館II 3階RB2-3ホール。

台風第21号(Typhoon Lan)の観測

台風第21号(Typhoon Lan)の眼の中に航空機で突入し、ドロップゾンデによる直接観測に成功しました。

アラブ首長国連邦(UAE)で航空機観測

アラブ首長国連邦(UAE)東部山岳域上空にて航空機観測をしました。 2017年8月22日~10月1日 UAE RESEARCH PROGRAM

研究集会(共同利用・共同研究)開催

研究集会(共同利用・共同研究)「小型飛翔体による海象観測(その2)-超小型衛星『群』プラットフォームによる高頻度即時観測とその将来-Ocean observations from small flying objects; on real-time data acquisition using small satellite constellation」を開催。 2017年7月7~8日 名古屋大学研究所共同館2 3Fホール。

研究集会(共同利用・共同研究)開催

研究集会(共同利用・共同研究)「航空機観測による気候・地球システム科学研究の推進」を開催。 2016年9月13~14日 名古屋大学環境総合館1階レクチャーホール。

研究集会(共同利用・共同研究)開催

研究集会(共同利用・共同研究)「小型飛翔体による海象観測- データの即時性はどこまで保証できるか - Ocean observations from small flying objects; on real-time data」を開催。 2016年8月25-26日 名古屋大学研究所共同館I 3階講義室。

研究集会(共同利用・共同研究)開催

研究集会(共同利用・共同研究)「台風セミナー2016」を開催。 2016年8月4-5日 名古屋大学ES総合館1階ES会議室。

プレスリリース

今年度から5年間(2016~2020年度)にわたって台風の航空機を用いた直接観測を実施します。

飛翔体観測推進センター

メディア

デジタルメディア掲載

IBMが提供するデジタルメディア「mugendai」に村上特任教授が取材を受けた記事「迫りくる世界の水飢饉--深刻化する猛暑や渇水に、高まる「人工降雨」への期待」が掲載されました。

新聞掲載

中日新聞朝刊1面に坪木教授の航空機観測に関する記事「「線状降水帯」飛行機で迫る」が掲載されました。